不安に悩まされる前に行きましょう!大阪のクリニックで不妊治療

妊婦さん

赤ちゃんができないかも、という不安

幼い頃から肥満体型の私は思春期に入ると、そのコンプレックスから過度な食事制限で体重を落としてはリバウンドの繰り返しの生活を送っていました。
過度の食事制限やダイエットはホルモンバランスがみだれるということは知っていたが、自分は大丈夫。という安易な考えでそんな生活を送っていました。28才で結婚し、専業主婦に。すぐにでも子供が欲しい!と願っていましたが、肥満と過度なダイエットから月経不順になっていました。
自然妊娠もしなかった。月経は半年に1度くるだけだったので、まずは月経を正常にしよう。と、大阪の婦人科へ相談にいきました。そこで言われたのは「排卵していないね、妊娠しにくいよ」との事でした。排卵してない・・・?もしかして、不妊治療しないといけないのかも!不妊治療は他人事のように考えていましたが、自分もしなければいけない日がくるとは。大阪の婦人科の先生には、まず体重落としなさい。との注意を受け、半年かけて-15kgしてくださいとのこと。それから私の不妊治療は始まります。まだまだこれからです。
私の場合、妊娠しにくい体を自分の甘えから作り上げたんだと思うと、とても後悔しましたし、早くからかかりつけの婦人科を見つけたり検診に行っておくべきだったと後悔しています。まだこれからなので希望を捨てずに取り組もうと思いますが、どちらの両親からも孫が早く見たいという言葉に応えられるよう頑張っていきたいと思います。

不妊治療は早目に対応が吉

最近は晩婚化も一般的になってきています。そのため結婚した時点で35歳前後という女性も少なくありません。
一般に35歳でまだ出産経験がない女性は高齢出産となります。受精しにくい、受精しても流産しやすいと言われていますが、40歳になるまではまだチャンスがあります。子供を複数持ちたい場合には、不妊かどうかの検査を受ける時期も考えなくてはなりません。「あと1年」と待っていたら、自然に妊娠出来るチャンスが減る可能性があるからです。女性は生理が毎月きますが、毎回排卵しているとは限りません。そして単純に計算しても妊娠出来るチャンスの期間は12回しかないのです。
子供が出来にくいかどうかわからなくても、30代で結婚する方は特にブライダルチェックで子宮と卵巣の状態を確認してもらうと良いでしょう。かかりつけの婦人科を持つことで万が一不妊症となった場合にそこで治療を受けるか、そこから紹介をもしてもらい大阪の病院を受診するとが可能です。
不妊かどうかを見極めるためにポイントなるのは基礎体温です。大阪の病院へ行く前に最低でも2ヶ月か3ヶ月の体温をつけておくと、診断がしやすくなります。基礎体温をつけつつも、妊娠を望むならば所謂生活リズムを出来るだけ乱さないようにも心がけていきます。
お酒とタバコも控え、いつ妊娠しても不安にならないように薬の服用も控えるようにすれば、いざ不妊治療する場合にも抵抗がなくなります。

不妊の対策や改善術について

不妊に悩んでいるので、最近は不妊対策を努力しています。具体的にはマカのサプリメントを夫婦で飲むようにしたり、葉酸サプリで万が一授かった時に胎児が神経管閉鎖障害になってしまうことを避けるようにしたり、日常的に冷え対策を非常に大事にする点です。
冷えは不妊の大きな原因に繋がってしまうケースも多いので、普段から不妊対策として体温を高めるように努力しています。しょうがの入った甘酒や生姜湯を普段からよく飲むようにしたり、カーディガンやブランケットで職場の冷房対策をしたり、大阪の自宅でも裸足ではなく、足元の冷えを避けたいと思って靴下を履くように気をつけています。
不妊は低体温が改善したり、栄養状態が改善することでも解消しやすくなります。過度な痩せ過ぎや低体重は不妊に繋がることも意外と有るそうなので、妊娠を願う私は少し体重を増やしました。最近は非常にスリムでスタイルが良い女性も増えていたり、モデルさんでも妊娠したりしていますが、痩せ過ぎていたり低栄養だと授かりにくくなる可能性が上がるので、普段からなるべく栄養バランスが良い食事を摂ることも大事だと痛感しました。
不妊改善のためには貧血を防ぐことも大事なので、造血作用があり妊活に良い葉酸だけでなく、肉や魚や卵などの動物性食品から吸収率の良い鉄分であるヘム鉄を補うことも大事だと実感しています。ルイボスティーも不妊に良いと知ったので、毎日飲むようにしています。


不妊に関してお悩みの女性は不妊大阪をたずねてみましょう。不妊の専門知識をもっている先生があなたの身になって真剣に対応してくれます。精神的にも楽になるので、悩みすぎず、この機会に大阪で不妊の相談をしてみましょう。

CONTENTS

  • 不妊は女性だけのものではないので注意

    不妊というと、女性の問題というイメージがある方は多いのではないでしょうか。しかしながら、実際のところは決して女性だけの問題であるとは言えません。実は半数近くが、男性側の不妊であるという事を皆さん知っておかなくてはいけません。特…

    MORE

  • 不妊治療と妊活は男性も参加を

    不妊治療であったり妊活というのは、主に女性が行うものであるなんてイメージをまだ持っている人はすぐにそのイメージを捨ててください。不妊治療や妊活というのは、今は男性も行って当然の事です。というのも、不妊や妊娠がしにくい状態の原因は女性側…

    MORE

  • 不妊や妊活には妊活サプリがお勧め

    不妊であったりなかなか妊娠できない事でお悩みの男女は少なくないのではないでしょうか。不妊治療をしている、また不妊までいかないものの思うように子供ができない、そういった男女には妊活サプリメントというものがとてもお勧めです。これからなぜそ…

    MORE

  • 現代人は不妊気味になりやすい傾向あり

    現代人は特に不妊気味になりやすい傾向にあります。なぜなら、現代人は多くのストレスにさらされているという事、忙しく外食ばかりで栄養が偏りがちであるという事、そういった要因が重なってしまい身体の環境が妊娠のために整っていないと言えます。…

    MORE

TOP